°C / °F  

日本語   |   English

英語と日本語以外は、自動翻訳です。

IN HAMAMATSU.COM

Top > What to do > Culture

Culture

奥山方広寺
奥山方広寺は静岡県浜松市北区引佐町奥山にある、臨済宗方広寺派の大本山で、東海地方を代表する禅寺としても有名です。別称、奥山半僧坊。

御守・御朱印
御守とは、身につけて持ち歩くとこで健康や成功を祈る飾り物です。日本の神社やお寺で授与されています。一般的な御守は、錦で作られた小さい袋型で持ち歩ける大きさです。

龍潭寺
奈良時代の天平5年(733年)に開かれたと伝えられている歴史の古い禅寺です。井伊家(いいけ)の菩提寺(ぼだいじ)として、元祖より40代に到る祖霊が祀られており、36代目の井伊直弼(いいなおすけ)は、幕末に日本を開国へと導いた大老(たいろう)として特に有名です。

長楽寺
長楽寺は今から約1200年前の平安時代初期に、弘法大師により開かれたとされる由緒あるお寺です。寺の北に陽光を受けて光る巨岩を霊地と見てお堂を建てたのが始まりとされています。

農村歌舞伎
歌舞伎とは、その文字が示す通り、「歌=音楽、舞=舞踏、伎=演技」の各要素を供えた総合芸術として、守り受け継がれてきた日本の伝統芸能です。

日本の成人式
日本では20歳を迎えると「人」と「成る」で成人、大人になるとされています。また、20歳以前は子どもと見なされていた為に禁止されていた飲酒や喫煙も、成人したその日から許可されるようになります。

出初式
出初式とは、日本の消防関係者が行う新年恒例行事で、遡ること江戸時代の1659年が起源と言われており、特に梯子乗りがその象徴として知られています。

七草粥
1月7日、日本では多くの地域で「七草粥」と言われる、七種の青菜を入れたお粥が食べられます。

ひな祭り
日本の3月3日は、女の子の健やかな成長を各家庭でお祝いする、ひな祭りの日です(桃の節句とも言う)。2月4日頃から3月3日のひな祭りの日まで雛人形を飾り、ひな祭りの日にはちらし寿司(酢飯の上に具を散らしたもの)や蛤のお吸い物が食べられるのが一般的とされています。

追儺式
災いをもたらす悪鬼を神の化身である方相氏が退治し厄を払うこの儀式は中国から伝わり、平安時代に宮中で行われていたものを再現したもので、現在の節分の元となっています。

節分
節分とは各季節の始まりの日、すなわち立春・立夏・立秋・立冬の前日のことを言います。特に立春は1年の初めと考えられ、節分といえば春の節分を指すようになりました。

日本のバレンタイン
バレンタインデーは元々、2月14日に処刑されてしまったキリスト教の殉教者バレンチノ司祭を祀る記念日でした。(バレンタインはバレンチノの英語読み)

遠州横須賀三熊野神社大祭
遠州横須賀三熊野神社大祭は、江戸時代に江戸の祭り文化がこの地方に伝わって以来、280余年にもわたり受け継がれてきた伝統ある祭りです。

浜松まつり会館
館内は5つのゾーンで構成されており、浜松祭りの歴史の紹介、大凧の製造過程の紹介、大凧や法被・屋台の展示がされています。

浜松の米作り
稲作農業の盛んな日本では、主に東北・北陸地方が代表的な米の産地として有名ですが、ここ浜松市を含む静岡県西部でも美味しいお米が作られています。

copyright (c) INHAMAMATSU.COM All Lights Reserved.