°C / °F  

日本語   |   English

英語と日本語以外は、自動翻訳です。

IN HAMAMATSU.COM

Top > What to do > Art & Museum > 浜松市秋野不矩美術館

浜松市秋野不矩美術館


anf1.jpg

秋野不矩(あきの・ふく)美術館は、彼女の生地である、静岡県浜松市天竜区の二俣川近くの緑に囲まれた丘の上に建てられています。秋野画伯の作品を常設展示すると共に、年に数回の特別展・企画展を開催しています。
秋野画伯(1908-2001)は28歳の時に昭和11年文展鑑査展で選奨を受賞して以来、つねに注目を集めてきました。日本画の要素によく含まれる花鳥風月を好まなかった画伯は、新しい日本画を創造することを目的に「創造美術」の結成に参加し、西洋絵画の特質を取り入れた様式で創作活動を続けてきました。54歳の時にインドのタゴール国際大学へ客員教授として赴任した際にインドに魅せられ、以来、度々インドを訪れ風景や自然、寺院などをモチーフに、作品を描きました。また、ネパール、アフガニスタン、カンボジア更にはアフリカにも出掛けて創作のアイデアを求めました。平成11年に数々の功績が認められ、文化勲章を受章しました。

anf2.jpg
秋野不矩

anf3.jpg
第一常設展示室

anf4.jpg
第2常設展示室

展示物と併せて注目したいのが、他に類を見ないこの美術館の建物自体です。藤森照信氏により設計された建物は、板壁、鉄平石など、自然素材がふんだんに取り入れられています。室内は藁入りの漆喰が塗られ、地元の天竜杉が使用されているなど、自然素材の温かみを肌で感じることができます。
そしてこの美術館の最大の特徴は、靴を脱いで鑑賞するということです。第一常設展示室には籐茣蓙が敷かれており、第二常設展示室には大理石が敷き詰められています。観覧者は直に座って自由な角度から作品を鑑賞する事が出来るのです。

anf5.jpg

駐車場のある入口から丘の上にある美術館までは、少し長い坂道になっています。しかし、道沿いにある四季折々の花や緑を楽しんでいると坂道もさほど苦にはなりません。足の弱い方や車いすの方は、美術館入口まで車を乗り付ける事ができますのでご安心を。

anf6.jpg

入口を入ったら、窓口でチケットを買う前に靴を脱いでスリッパに履き替えます。脱いだ靴は番号札のクリップを付けて靴箱に置きましょう。番号札は2枚セットになっています。紐の付いている方は退館するまで自分で持っていましょう。他人の靴と間違えない為のシステムです。

anf7.jpg

柔らかな日差しの溢れるホールからは、眺めの良いテラスに出られます。ベンチに座ってのんびりと森林浴を楽しむことも出来ます。

anf8.jpg

第一常設展示室入口前で、スリッパを脱ぎましょう。ここからは、自然のぬくもりを直に味わってください。

anf9.jpg

館内には他に、秋野画伯が86歳のときにインドを旅した時の映像が見られるビデオコーナーや、ポストカードなどのミュージアムグッズが買える売店があります。2階の展示室は、企画展や市民ギャラリーとして利用されています。

caution_mark.jpg
展示室内の撮影は禁止されています。しかし、ホールやベランダなど、建築物の撮影は可能です!
声の響きやすい構造となっている為、話し声は出来るだけソフトに、静かにご鑑賞下さい。


Admission
中学生以下と70歳以上 FREE
高校生
¥150
大人
¥300

特別展の内容によって値段が変更される事があります。

website_mark.jpg
http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/akinofuku/ (Japanese)



copyright (c) INHAMAMATSU.COM All Lights Reserved.