iN HAMAMATSU.COM | Activity | 南浜名湖遊覧船(弁天島遊船組合)

Auto translation system available for other languages.

IN HAMAMATSU.COM Hamamatsu City, Shizuoka Prefecture, Japan Visitor Guide

IN HAMAMATSU.COM Hamamatsu City, Shizuoka Prefecture, Japan Visitor Guide Hamamatsu shizuoka
MENU

南浜名湖遊覧船(弁天島遊船組合)

現役漁師の船に乗り浜名湖を遊覧


mhy1.jpg

JR浜松駅から東海道本線で3駅目、浜名湖にそびえ立つ赤い鳥居がシンボルの弁天島駅より徒歩3分の弁天島海浜公園内に、遊覧船乗り場があります。現役の漁師が現役の漁船を軽快に操縦し、彼らにとって庭のような浜名湖を案内してくれます。漁船は大きな遊覧船とは違い、手を伸ばせば海に触れられるほど海が近く迫力満点です。海風を感じながら、時には水しぶきを浴びながら、湖上からしか見る事が出来ない特別な景色を楽しんで、浜名湖の魅力を体感しましょう。また、赤い鳥居の立つ干潟のあるイカリ瀬まで船で渡り、海の生物の観察を楽しむ「磯遊び」も人気のコースです!

mhy2.jpg

★ 湖上遊覧・磯遊び
[期間] 2017/4/1 sat
〜 8/31 thu まで (9月以降は要予約・団体のみ)※雨天・強風の場合は運休
[Open] 9am - 4pm

★ 問い合わせ
弁天島遊船組合 090-5611-8171 (Japanese only)

舞阪観光協会 053-592-0757 (Japanese only)
http://www.bentenjima.jp/ (Japanese)

※遊覧の際のガイドは日本語のみですが、ジェスチャーを交えた心温まる対応でおもてなししてくれます。
より一層、理解を深めたい方は、通訳ガイドの方といらっしゃることをお勧めします。

※いずれのコースも、シンボルタワー周辺の天然干潟のいかり瀬にて、磯遊びや記念撮影が楽しめます。

caution_mark.jpg
水しぶきがかかる場合があります!
※簡易雨衣が無料で借りられます。



Admission
30分コース・今切の渡しコース 
(3名1グループ)

※追加1名に毎に大人¥1,000 / 子供 ¥500
※3名以上で出航(大人1名¥1,000)
¥3,000
60分コース(3名1グループ)
※追加1名に毎に大人¥1,500 / 子供 ¥700
¥4,500

磯遊び ※大人3名以上でご利用下さい
大人(中学生以上)

¥1,000
子供(4歳〜小学生まで) ¥500

★クリックで拡大
mhny_omo2017.jpgmhny_ura2017.jpg

今切の渡しコース詳細
弁天島船発着場→(舞坂宿:北雁木)→新居町船着場
帰路は新居町駅よりJR東海道線にて弁天島駅まで4分。新居宿から新居町駅、弁天島駅から船発着場までは、いずれも徒歩数分。
弁天島船発着場周辺では舞坂宿散策、新居町船着場周辺では新居宿散策が、徒歩にて楽しめます。


今切の渡しとは
現在の舞坂と新居を結ぶ、昔の重要な交通手段であった渡舟のことを言います。
浜名湖は汽水湖として有名ですが、もともとは太平洋と隔てられていました。しかし、1498年の大震災と津波により隔てられていた部分が決壊し、現在のような汽水湖となりました。この時に決壊した場所は「今切れた」という意味である「今切」と呼ばれるようになり、その後、人々は渡し船で往来せざるを得なくなりました。1932年に浜名橋が建設され「今切の渡し」は廃止になりました。2013年より復活した「今切の渡し」コースで、当時の旅人気分が味わえます。今でこそ30分ほどの乗船ですが、その昔は2時間もの時間を要したそうです。




break_mark.jpg

mhy_3p.jpg

雁木とは、階段状になっている渡船場のことをいい、この北雁木は舞阪側の渡船場でした。かつて、舞阪には全部で3つの雁木があり、それぞれ使う人が決まっていました。当時のままの石畳が残るこの北雁木は、大名や幕府役人が利用していまし た。








ADDRESS 静岡県浜松市西区舞阪町舞阪3775-2

TRANSPORT 浜松駅より
[TRAIN] 東海道本線「弁天島」駅下車後(12min) 徒歩約3分



2015.5.18 update
掲載日以降に、掲載内容は変更になる場合ございます。
また、掲載内容による損害等は、弊社では補償いたしかねますので、予めご了承ください。