°C / °F  

日本語    |    English

Auto translation system available for other languages.

IN HAMAMATSU.COM

Top > Recommend > Matthew No Me (eye)

Matthew No Me (eye)

 

2013/7/2

 

matt_0702_1.jpg



[Title]  The Nature of God

DISCOVER A WORLD BURIED IN TIME WITH NO SCHEDULE
When I first came to Japan I was surprised at the efficiency of everything, the way the public transport ran on time - something that rarely happens in my hometown of Sydney. Everything just seemed to work, people arrived on time, food was presented the way it was displayed, toilets even flushed for you, even the seat bid you welcome, it was all so productive and orderly.
It took me a while for all this new found efficiency to wear me down, but inevitably it did, hence I realized all this convenient well kept schedule of technology and habit had programmed my mind, as if I was made for it rather than it was made for my convenience.

 
I was slowly losing touch with nature and the finer details of things as my world became a constant program and blur of flat walls, clean paved streets almost sterile type networks of transport and order i was losing touch with where I was and why I was here.

I'm fortunate in my job have time to myself during the daytime and I began to explore the smaller roads and narrow mountain trails that lead off into the unknown this is when I discovered temples, and shrines in their native, pure unadulterated state. They are often on the outskirts of towns or deep in the woods and here I could leave the world of order and chaos behind. Even in the city places such as Hachiman jingu can take you away with their authentic charm and calming presence.
As you venture further out, Okuyama, Inasa, Kanzanji, Mori and Iwata all have amazing shrines and temples. The intricate woodwork, Asian zodiac motifs、 sculptures of past monks with little red skulls caps on their heads and bibs around their neck looking like their just about to sit down and enjoy a meal. Often these areas have places where kids can play, community can unite and individuals can come to think or clear their mind while taking a stroll or climbing a considerable amount of stairs.

Unlike many other religious based structures in other cultures who tend to have their divinity and places of worship smack bang in the middle of town, in this area the person who is prepared to venture out and discover in nature is often the most rewarded.

So what are you waiting for, ditch the shopping mall and the streets and hit the hills, park the car and walk through tall red pines, towering cedar, native forests in their seasonal splendor wash your hands in a stone tub and discover a world buried in time with no schedule, you will walk out a better person.


私が初めて日本へ来た時、すべてが効率的に動いていたことに大変驚いた。公共交通機関がすべて時間通りに運営されている様子は、私の出身地であるシドニーでは滅多に見ることのない光景であった。すべてが正常に機能し、人々は時間通りに到着し、食べ物はディスプレイ通りに盛り付けられ、トイレは自動的に水が流れ、シートまでも自分を歓迎する。すべてが有効的で、きちんと整備されているのだ。
今まで見たことのなかったような、このすべてにおける効率の良さは、次第に私を疲れさせていった。それは避けようのない必然であった。それ故に、これらの技術と習慣が持つ、この便利で規則正しいスケジュールに、私の知性をもプログラムされてしまったのだということに気付いた。まるで、それらが私の利便性のためにではなく、私がそれらのために造られたかのように。

次第に、私は自然やあらゆる物の細かい詳細と触れ合う機会を失くしていった。同時に、私の世界は絶え間なく続くプログラムと、平らな壁の不鮮明さや、きれいに舗装された道、まるで命のない交通機関のネットワークや秩序と同化し、自分がどこにいるのか、なぜそこにいるのか、その感覚を失い始めていった。

幸いなことに、職場においても、日中は自分の時間を持つことができるので、そんな時間を用いて未知の場所へとつながる小道や狭い山道などを探検しはじめた。そうして見つけたのが、手つかずの自然で純粋な状態のまま存在しているお寺や神社だった。それらは町のはずれや木々の深い場所にあることが多く、私はそこで、秩序とカオスの世界からしばし離れることができた。八幡神宮のような街中にある場所でも、そこならではの静けさと、自分を静めるような存在を体感することができる。
更に遠くまで冒険すると、奥山、引佐、舘山寺、毛利、磐田といった土地がある。それらの土地には、素晴らしいお寺や神社が残されている。複雑な木工技術や、アジアの十二宮のモチーフ。過去の僧たちの像の頭には赤い帽子と、首には胸当てがかけられていて、まるで今にも座りだして食事を始めそうな雰囲気がある。ほとんどの場合、これらの場所には子供が走り回って遊んだり、地域コミュニティが集会をしたり、個人が訪れて散策したり、長い階段を登りながら思いにふけり、知性を清めるための場所などが備えられている。

他文化の中で構成されている多くの宗教は、その神聖さと礼拝の場所を街の中心部に突如として構える傾向にある。それとは異なり、この場所では冒険をして自然を発見する心構えのある人が、最も祝福された気分になれるのだ。

あなたは何を待っているのだろうか。ショッピングモールや舗装された道路なんて忘れ、丘を越え、車を停め、背の高い赤松、そびえ立つ杉、その季節に輝く自然なままの森林を抜け、岩の器の中に溜まった水で手を洗い、スケジュールなんてない時間の中にある世界を発見しよう。その場所を出る時には、きっともっと素敵な自分へと変わっているはず。

matt_0702_2.jpg

damonde_banner.jpgMatthew's Blog "damonde life" >>>>  http://damondelife.com/








2013
/6/5

 

matt_0605_1.jpg

 


[Places]  Kirja

 

GO AND GRAB A REAL ADVENTURE

We are always looking for good stores and we asked one of our well read friends a few weeks ago where we can find one in city. To our surprise he mentioned a place we had never heard of before but instantly intrigued us. He said it was a kid`s bookstore and the owner`s husband had lived in America and could speak English very well.

 

Reading to your kids  is without a doubt a proven way of giving them the best start to an education. Although Hamamatsu has its fair share of Yajimaya's and other chain bookstores, they either have too short of a collection or too many glittery, pinky, bling bling, kawaii character books that you feel you have to put on sunglasses to enter the kids section.

This is what makes  キルヤ Kirja children's bookstore a classic place for you and your kids to enjoy. Inspired by tales from Finland and arranged like a mini classroom in some fairy tale it is the ultimate place to inspire you to purchase a good tale from a variety of countries, in more than just one language, English, Japanese, Korean, Russian, Finnish and Chinese picture books are all available on the shelves.

 

With two kids of her own and a husband who is an artist and printer and lived in L.A. for ten years, Noriko has great awareness of what makes a good picture book a pleasure to read. As a former potter here sense of design and style is organically inclined, she loves all things from Finland, and that is reflected in the crisp lines and simple colours of the the shop.

 

A great way to start you and your child`s literature adventures is by traveling to this little quaint bookstore on the west side of the by-pass going up the hill form Yurinoki street. The shop is well stocked with tales from small unknown as well as established writers and publishers so leave the Thomas and Kitty at home and go and grab a real adventure.

 

 

私たちはいつも素敵なお店を探しています。そして、数週間前、読書家の友人に尋ねました。すると彼は、私たちが聞いたこともない場所を教えてくれて、なんとも興味をそそられたのでした。彼によると子ども向けの本屋で、経営者のご主人がアメリカに住んでいたことがあり英語も堪能とのことでした。

 

子どもに読み聞かせをすることは、まちがいなく子どもの教育の第一歩として最適です。浜松では谷島屋書店や他のチェーン書店のシェアがダントツですが、品揃えが薄く、キラキラなかわいいキャラクターものの本が多すぎて、子ども向けコーナーに行くときはサングラスをかけたくなるほどです。

その点、キルヤという子ども向けの書店は、親子で楽しめる昔ながらのお店です。フィンランドの物語に着想を得ており、おとぎ話の世界にある小さな教室のようで、いろいろな国の中から、素敵な物語をわくわくしながら選べる最高の場所です。言語もいろいろで、棚には英語、日本語、韓国語、ロシア語、フィンランド語、中国語の絵本が揃っているのです。

 

店主であるのりこさんは、2人の子どもたちとかつてロサンゼルスに10年住んでおられたアーチストで印刷業を営む夫の4人暮らしで、よい絵本を読みたくなる絵本にするものは何か、とてもよくご存知です。かつてはここで陶芸家をされていたことから、デザインやスタイルのセンスは自然志向で、フィンランドのものがとにかく大好き、お店のすっきりしたラインやシンプルな色合いからそれがうかがえます。

 

本の世界に親子で冒険の一歩を踏みだすなら、ゆりの木通りから坂を上がり、バイパスの西側にある、この小さな個性的な本屋さんを訪ねてみるのが一番です。小さな名もない本から有名作家や大手出版社の作品まで見事に揃っていますので、トーマスやキティには家でお留守番してもらって、ほんものの冒険をつかまえに行きましょう。

 

300-1 Kouyamachi, Naka-ku, Hamamatsu-shi, Shizuoka, JAPAN
Closed:Tue,Wen

matt_0605_2.jpg
 

damonde_banner.jpgMatthew's Blog "damonde life" >>>>  http://damondelife.com/

 

 

 

 

 

 

 

2013/5/7

 

matt_0507_1.jpg

 


[Places]  Swap Meet at Hamanako

 

RACING BIKES IS PART OF THE HAMAMATSU'S DNA

Not many people outside Hamamatsu are aware it is the hometown of motorbikes, furthermore the birthplace of Soichiro Honda one of the motor worlds pioneers. On top of this is, it is the base for Suzuki motors and its racing teams and not to far away in Iwata the base for Yamaha motors and its racing team as well.

 

Racing bikes is part of the Hamamatsu's DNA not only is it an area where two of the worlds top racing teams are based, it has an auto race track, a recreational motor cross track by the river and various trail roads up in the mountains - where I hear one can spot dear and wild boar if your not lucky.

 

Hamamatsu's weather and natural landscape features and local respect for the motorcyclist make it a perfect place to experience by bike. Hamanako lake with 114km of shoreline is an ideal day ride, or you can hit any road heading North that twists and turns into the alps.

 

With a growing number of enthusiasts and a need to stand out form the crowd there is also a swap meet that occurs twice a year somewhere around Hamanako where you can find a treasure trove of trinkets and accessories for you and your bike. Hamanako Swap Meet has a festival flea market like atmosphere that is held at different times of the year. It's an absolute array of old bikes, collectors items, toys, live music and food stalls that those in the know from all over Japan flock to, in order to find that missing badge, old gas tank, classic speedometer, big blast horn or just some cool old American spark plugs.

A truly diverse array of stalls from vintage toys, fashion, motors, live music and food define this event that I highly recommend, for not only those who love bikes or hipster mods but families as well. The swap meet has a classic touch of nostalgia about it, mixed with one off parts that define Hamamatsu as motorbikes are a distinctive part of its history and culture.

 

 

浜松が、オートバイの盛んな地であり、自動車業界の先駆者の一人である本田宗一郎の出生の地であるということは、市外・国外の人々にはあまり知られていない。さらに、浜松はスズキ・モータースと、そのレーシング・チームの本拠地であり、ヤマハ・モータース及びヤマハ・レーシング・チームの本拠地のある磐田にも程近い。

 

レーシング・バイクは、浜松のDNAの一部であり、世界最高峰の二つのレーシング・チームが本拠地を置くだけでなく、浜松には自動車レース場や川沿いのモトクロスの競技場があり、鹿や、運が悪い場合、野生のイノシシに遭遇するような山の中に造られたトレイル・ロードもある。

 

気候および地形的な特徴、また、地元民のバイク愛好家へのリスペクトから、浜松は、オートバイ体験の絶好の場になっている。114キロメートルに及ぶ浜名湖の湖岸線は、バイクで走るには理想的なコースであり、アルプスに向けて北へ延びる、曲がりくねった道を楽しむことも可能だ。

 

熱心なファンの増加と話題づくりの必要性から、浜名湖周辺では、年に二回、即売会も催されている。即売会では、掘り出し物のバイク用品やアクセサリーを見つけることができる。浜名湖の即売会では、フリーマーケットが開催されており、時代をタイムスリップしたような雰囲気を味わうことができる。フリーマーケットには、古いバイクや、コレクターズ・アイテム、玩具が勢揃いし、ライブ演奏や出店も並ぶ。稀少なバッジや、古いガス・タンク、クラシックなスピード・メーター、ブラスト・ホーン、米国製のスパーク・プラグを求めて、日本各地から情報通が集まってくる。

ビンテージ玩具、ファッション用品、車、ライブ演奏、食べ物など、多種多様な出店が並ぶフリーマーケットは、バイクやモッズ・スタイルの愛好者のみならず、家族連れにも強くオススメできるイベントである。即売会には、他では入手できないパーツが溢れ、オートバイを浜松の歴史と文化の一部として特徴づけており、古き良きノスタルジアの感触がある。

 

 

matt_0507_2.jpg

damonde_banner.jpgMatthew's Blog "damonde life" >>>>  http://damondelife.com/

 

 

 

 

 

 

 

2013/3/25

 

matt_0325_1.jpg

 


[Places]  Kakegawa Library

 

EXPLORE AND TAKE HOME A PAINTING - FOR FREE!

As spring is budding and the temptation to head further afield is upon you I suggest a trip to Kakegawa.Only 25 minutes by train from Hamamatsu station you will find a sleepy town that has a civic resource that is legant, well designed and a pleasure to spend time in, as well as being a place you can pick up a few books, CD`s and even a painting for free - for a few weeks.Five minutes walk north of Kakegawa station there is the unmistakable sight of Kakegawa castle where you can enjoy the blossoms of Spring as well as the colour of Autumn and history of the area.At the north end of the castle is Kakegawa library, perhaps one of the best libraries I have ever set foot in. It has all the things you expect from a regular library, reference section, fiction, non-fiction, magazines and so on.This library however offers a whole lot more, with regular reading events and readings for kids, listening booths for Cd`s, video watching booths and perhaps my favourite thing, you can borrow paintings to hang on your wall and rotate your them every month as if your house was a gallery.If your adventurous streak leads you further I suggest Pony's Toy for lunch, dinner or a drink. it`s only 10 minutes up the road if you drive or just at the South West exit of the next station Kikugawa if you take the train. Jun and his Mum and Dad always create special atmosphere and if you arrive in the evening there might even be a live show going on.

 

This place is a great place to grab a book or CD sit back and enjoy, unfortunately for those who live and work in Hamamatsu are not

able to obtain a library card, however if you work or reside east of the Tenryu River in Iwata, Fukuroi, Mori, Kakegawa, Kikugawa to Omaizaki  you are eligible to borrow from the library.

 

 

散策しよう!そして、絵画を無料でお持ち帰りましょう!

春の到来はどこかに散策に出かけたい気持ちにさせます。そこで、私のお勧めする場所は掛川です。浜松から電車でわずか25分で静かな町を見つけられます。エレガントにうまく設計された地域資源をあるこの町は、楽しい時間を過ごすだけでなく、本やCD、さらに数週間に無料で絵画を借りることもできます。掛川駅から北に徒歩5分、春の花や紅葉が楽しめる史跡エリアの掛川城が見えてきます。その掛川城の北に、私が今まで行った中で最高の掛川市中央図書館があります。通常の図書館にあるもの、参考書、フィクション、ノンフィクション、雑誌なども、もちろんあります。さらに、子供や大人向けの定期的な読書イベント、CDのリスニングブース、ビデオを見られるブースがあります。その他に、私が一番好きなサービスは図書館の絵を借りることができます。毎月、絵を変えて自分の家をギャラリーに変身できるのです。さらに、探検の心があれば、Pony's Toyでランチ、ディナー、またドリンクを楽しんでください。車で10分、又は、電車で隣駅の菊川の西南出口にあります。ジュンと両親、家族で営業している店はいつも特別の雰囲気があり、夕方に行く場合はライブショーもあるかもしれません。

 

掛川市内に在住・通勤・通学の方、近隣市町(袋井市、菊川市、森町、島田市、御前崎市、磐田市)に在住の方なら、どなたでも借りられます。※袋井市・菊川市・森町・磐田市・御前崎市在住の方は、お住いの各市町立図書館の利用者カードも必要です。利用者登録申請書に記入のうえ、住所や氏名等が確認できるもの(運転免許証、健康保険証、学生証など)とともにカウンターへお出しください。

 

matt_0325_2.jpg

damonde_banner.jpgMatthew's Blog "damonde life" >>>>  http://damondelife.com/

 

 

 

 

 

 

 

2013/2/9

 

matt_0209_1.jpg

 


[Places]  Kanzanji

 

As a long time resident in Hamamatsu it's great to share the area with friends who come from the big cities and discover its underrated treasures. Recently we had some friends down from Tokyo so we booked a night at the Well Seasons in Hamanako. My friend is the food and beverage manager at the Four Seasons in Tokyo so he was a little bemused by the name but pleasantly surprised by the courteous service, very palatable buffets and well designed rooms. Hamanako itself is a haven for exploration by car, bike, ferry, kayak or cruise but for those with young families the direct connection with the local amusement park Pal Pal (paru paru) from the hotel was a seamless idea.The kids can release all their energy on the rides while the non-designated adult can rejuvenate in an onsen or just relax. Easily adaptable for all seasons with the flower park for those blossoming seasons, zoo for all those who need to get in touch with the animals and endless shoreline walks nearby that offer great views of fireworks in summer, it's a weekender idea hard to resist.

 

浜松に長く住む者として、都会から来る友人とまだあまり知られていない地域の宝をシェアすることは大変素晴らしいことです。最近、東京から浜松へ友人が遊びに来た為、ウェルシーズン浜名湖に一泊しました。彼は東京のフォーシーズンズホテルの食物と飲料マネージャーなので、ホテルの名前に少し困惑したが、礼儀正しいサービス、とても口に合うビュッフェ、上手に設計された部屋には、とても心地よく、驚いていた。浜名湖はドライブ、サイクリング、フェリー、カヤック、クルージングで探索するにはもってこいです。さらに、ホテル直結の遊園地「浜名湖パルパル」を加えれば若いご家族には完璧な観光プランです。元気なお子様がジェットコースターで楽しんでいる間に、大人は自由な時間を温泉で若返ったり、のんびりして過ごせます。フラワーパークで季節の花を楽しんだり、動物園で動物とふれあったり、すぐそばのどこまでも続く水辺を散歩したり、一年中いつでも楽しむことができます。夏には湖岸から素晴らしい花火を見ることもでき、週末の計画から外すのは難しいくらいです。

 

Kanzanji area info >> CLICK

matt_0209_2.jpg

damonde_banner.jpgMatthew's Blog "damonde life" >>>>  http://damondelife.com/

 

 

 

 

 

 

 

2013/1/10

 

matt_1219_1.jpg

 


[Places]  Books and Prints  Blue East

 

If your looking for the latest in bilingual magazines, classic beatnik books and high-end photographic publications I suggest popping up to Books and Prints Blue East. Housed on the second floor of Kagiya building on the corner of Yurinoki street -next to the cat Karaoke- the shop is the second of famed Tokyo photographer Shingo Wakagi's ever expanding empire, the first just up the road opposite Viola. You can also stock up on wrapping paper from the bob foundation for Christmas and birthdays while enjoying a San Francisco style coffee from one of the friendly staff. The store holds regular events and I believe is a major contributor to the movement of creatives redefining the future direction of this post-industrial city.

 

バイリンガルの雑誌、古典的なビートの本、ハイエンドの写真出版物で最新のものをお探しなら、まず思いつくのはBooks and Prints Blue Eastです。この店は、ゆりの木通り角にあるKagiyaビル(キャットカラオケの隣)の2階にあります。また、いまでも拡張を続けており、東京在住の写真家 若木信吾ワールドの2番目の店です。最初の店はちょうど反対側の通りにあるViolaです。フレンドリーな雰囲気の店員からサンフランシスコスタイルの コーヒーを味わいつつ、クリスマスや誕生日向けのボブファンデーションの包装紙を買うこともできます。ここでは定期的にイベントが開催されていますが、私は、ポスト工業都市であるこの街の将来の方向性を再定義するクリエイティブな動きにこの店は大いに貢献していると思います。

 

2F KAGIYA BLDG. 229-13 Tamachi, Naka-ku, Hamamatsu-shi, Shizuoka, JAPAN

OPEN:Mon, Wed, Fri, Sat, Sun, 1pm - 7pm  Closed:Tue,Thu

 

matt_1219_2.jpg

damonde_banner.jpgMatthew's Blog "damonde life" >>>>  http://damondelife.com/

 

 

 

 

 

 

 

copyright (c) INHAMAMATSU.COM All Lights Reserved.