°C / °F  

日本語   |   English

英語と日本語以外は、自動翻訳です。

IN HAMAMATSU.COM

Top > What to do > Art & Museum > 豊田佐吉記念館

豊田佐吉記念館


TOYOTA創始者の人生が記された場所


tds1.jpg

浜松市の西隣にある湖西市に、豊田佐吉の生家が記念館として保存されています。豊田佐吉は1867年にこの地に生まれました。1890年独力で「豊田式木製人力織機」を発明し、1926年には、トヨタ自動車の前身である豊田自動織機製作所(現在の豊田自動織機)を創設しました。彼は全く知識のない状態から織機のことを学び、改良に改良を重ね、最終的には改良の余地がない、世界最高水準の完璧な織機を作り上げました。そのたゆみない研究と創造の精神は脈々と受けつがれ、現在のトヨタグループの礎となっています。
この記念館は、トヨタの社員研修にも使われるほどの大切な事が学べる場所なのです。

tds2.jpg

展示室には、豊田佐吉が発明した織機や、その生涯を挿絵入りで解説するパネルが展示されています。彼が発明した織機は、電子制御という言葉もない時代に、布を織る工程で糸が切れると自動で停止しするからくりが組み込まれていました。更に、シャトル(横糸が巻かれた杼)の糸がなくなる寸前に自動的に新しい糸が巻かれたシャトルに入れ替わるという画期的なものでした。
ここでは、豊田佐吉とその息子喜一郎を紹介するビデオも見ることができ、彼の飛び抜けた発想力と、並々ならぬ努力が描かれています。※パネルやビデオ映像、パンフレットに日本語、英語、中国語の3カ国語が用意されています。

tds3.jpg

また、展示品のある資料室以外にも、豊田佐吉の生家も見学することができます。こちらの庭園も綺麗に整備されており、心の落ち着く空間となっています。
裏山にある遊歩道を登ると展望台があり、快晴時にはここから富士山を見ることもできます。緑に囲まれながら、彼が眺めていたかもしれない景色を同じ様に眺めてみるのも良いかもしれません。
また、生家の隣にある休憩室では、機織りの体験も出来ます。慣れてくると「とん とん からり」と部屋にリズム良い音が響きます。

豊田佐吉は自動織機の発明にとどまらず、自動車をはじめとする日本の産業発展に大きく貢献しました。この記念館では、彼の志と情熱を感じる事ができます。

Addmission
FREE



website_mark.jpg
http://www.toyota.co.jp/jpn/company/about_toyota/facilities/sakichi/index.html




2015.4.28 update

copyright (c) INHAMAMATSU.COM All Lights Reserved.